2月2016

2015年下期 新潟県企業動向調査

2016/02/01 :自主調査(調査報告)

業況感は概ね横ばいで推移。先行きは慎重な見通しが広がる

1.業況感

(1)全産業

─業況感は概ね横ばいで推移。先行きは慎重な見通しが広がる─
2015年7-9月期における県内企業の業況判断BSI(※)は▲10.8となり、同4-6月期の▲18.5から7.7ポイント上昇した(図表1)。

前回調査時点における15年7-9月期の見通しBSI(▲14.2)を上回り、2期ぶりに「悪い」超幅が縮小した。

しかし、続く15年10-12月期(含む実績見込み)は▲16.7となり、同7-9月期比5.9ポイント低下した。業況感の持ち直しは一時的なものとなり、14年7-9月期以降、概ね横ばい圏内での推移となった。

先行きを示す見通しBSIは、16年1-3月期が▲27.5、続く同4-6月期が▲26.1となった。15年10-12月期と比べて悪化しており、慎重な見通しが広がっている。

1調査

(2)業種別

調査2業況判断BSIを業種別にみると、製造業は15年7-9月期が同4-6月期比3.8ポイント低下の▲17.2、続く15年10-12月期も同3.9ポイント低下の▲21.1となり、3期連続で「悪い」超幅は拡大した(図表2)。内訳をみると鉄鋼、木材・木製品、輸送機械などで上昇したものの、一般機械、窯業・土石、精密機械などが低下した。

非製造業は15年7-9月期が▲6.5となり、同4-6月期の▲22.1から15.6ポイント上昇した。続く15年10-12月期は▲13.7となり、同7-9月期比7.2ポイント低下した。内訳をみると運輸では上昇したものの、小売、卸売、サービスなどの業種で低下した。

先行きについては製造業、非製造業ともに15年10-12月期と比べて、低下する見通しとなっている。

(3)規模別

調査3業況判断BSIを規模別にみると、15年7-9月期は大企業が22.6、中堅企業0.0、中小企業は▲13.3となり、いずれも同4-6月期比で上昇した(図表3)。続く15年10-12月期は大企業が▲3.2、中小企業が▲18.7と同7-9月期に比べそれぞれ低下した。なお、中堅企業は同7-9月期比横ばいの0.0だった。

先行きは大企業では上昇するものの、中堅企業や中小企業は低下する見通しである。

(4)地域別

調査4業況判断BSIを地域別に比べると、15年7-9月期は下越、中越、上越ともに同4-6月期比で上昇した(図表4)。続く15年10-12月期は、下越、中越ともに同7-9月期比で低下したものの、上越では上昇した。

先行きについては、いずれの地域でも低下が見込まれている。

2.生産・売上、在庫

(1)生産・売上

─生産・売上は4期ぶり「減少」超幅が縮小─

調査515年7-12月期(以下、今期)の生産・売上BSI(「増加」-「減少」)は▲11.1となり、4期ぶりに上昇した(図表5)。同1-6月期(以下、前期)から7.8ポイント上昇し、「減少」超幅が縮小した。

業種別にみると、製造業は▲8.6となり前期から1.8ポイント低下した。内訳をみると精密機械、一般機械などが低下した。一方、非製造業は▲12.8となり、前期から14.6ポイント上昇した。内訳では卸売、サービスなどの業種が上昇した。

先行き15年7-12月期(以下、来期)のBSIは▲22.8となり、再び低下する見通しとなっている。

(2)在庫

─ほぼ横ばいで推移─

今期の製・商品在庫BSI(「過剰」-「不足」)は前期から0.1ポイント上昇の6.1となり、ほぼ横ばいとなった(図表5)。

業種別にみると、製造業は7.5となり前期から1.1ポイント低下した。非製造業は5.1となり、前期から1.0ポイント上昇した。

来期は4.0へと低下し、適正化が進む見通しとなっている。

 

~全文は以下のPDFをご覧ください。~

全文PDFtip_pdf

 

このページのトップへ

地域連携と貢献

2016/02/01 :感頭言

財務省関東財務局 新潟財務事務所長 (地方創生コンシェルジュ) 杉山 和伸

昨年10月に「新潟活性化サロン」を立ち上げました。

役所の会合に「サロン」などという名称は違和感を持たれることでしょう。「サロン」とは辞書の引用を要約すると、「かつてのフランスの上級社会で、芸術・学問などが論じられた社交の場」ですが、本サロンでは、豪邸の客間を飾り気のない会議室に、豪華なソファを無機質なパイプ椅子に、また、高級酒をミネラルウォーターに代えています。

この会合の趣旨は、地域の企業経営者の方々と地域経済の中長期的課題とその対応策について議論を交わす場として立ち上げたものですが、「サロン」の命名は、自由闊達で忌憚のない意見交換ができるようにとの思いからです。 続きを表示…

このページのトップへ

グラフで見る県内経済2016年2月(十二月の新潟県経済)

2016/02/01 :グラフで見る県内経済

概況:横ばいで推移している県内。設備投資は増加している

生産活動:概ね横ばいで推移している

県内経済10月の鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比2.2%上昇して101.5となった。出荷指数は同1.1%低下して103.3となった。在庫指数は同3.7%上昇して134.4となった。

食料品は米菓や切餅などの増産から、好調を維持している。

はん用・生産用・業務用機械は工作機械を中心に堅調に推移している。

輸送機械は海外向けの船舶などの生産で動きがみられるものの、全体としては弱含んでいる。

電子部品・デバイスは一部に明るさがみられるものの、依然として低水準で推移している。

続きを表示…

このページのトップへ

ウォーターセル 株式会社

2016/02/01 :探訪

記憶から記録に残すIT農業を支援する ウォーターセル 株式会社

航空写真のGoogleマップやYahoo! 地図に農作業を関連付けて記録する農業のIT化支援を進めるウォーターセル株式会社。

農業分野に特化した創業の経緯から、大手企業との連携により、次々と未踏分野に取り組む同社の成長の秘訣について長井社長からお話を伺いました。

探訪[会社概要]
代表者 長井 啓友
所在地 新潟市
設立 2011年7月
社員数 30名
資本金 3,000万円
事業内容 ソフト受託開発、農業支援システム「アグリノート」の開発・運営
URL http://www.agri-note.jp/

続きを表示…

このページのトップへ

今すぐできる選りすぐりのアイデア 第59回

2016/02/01 :酒井とし夫の街でみつけた商売繁盛のヒント

ビジネス心理学講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター/米国NLP心理学協会認定コーチ/ランチェスター経営認定講師 酒井とし夫 氏

こんにちは、酒井とし夫です。私は自分で商売をしながら経営戦略や戦術を学ぶにつれて、こんなことを思うようになりました。

「日常生活で何気なく見ているモノやコトの中にこそ、よく考えられた集客ノウハウや広告宣伝、販促、マーケティングのテクニックがぎっしり詰まっている」

スーパーに置かれている買い物かごの位置にはちゃんと理由があります。街の繁盛店の店頭ワゴンに並ぶ商品にはオーナーの意思と意図が現れています。店舗のレイアウトはその企業の膨大な調査と経験の集大成です。POP、値決め、色使いはその企業やお店の試行錯誤とテストマーケティングの結果です。毎日、目にするチラシ、DM、雑誌、TV、新聞、書籍、ホームページには読み手の興味と関心を引く効果的なコピー作成ノウハウが凝縮されています。

そんな日常生活の中で私が見つけた商売に役立つヒントやアイデア、ノウハウを毎月紹介します。是非、あなたのご商売や会社経営に応用するにはどうしたら良いのかを考えながらお読み下さい。

宝くじの売上を伸ばしたコピー

先日、宝くじ売り場の横を通ったとき、大勢の人が並んでいるのが見えました。昨年の年末ジャンボ宝くじは1等+前後賞合わせて10億円となり宝くじ史上最高賞金額だったそうです。

宝くじに当たる人の共通項は…「宝くじを買っている」ということだけなのだそうですが、平成28年を億万長者になって迎えた幸せな方もいるわけですね。今日は宝くじに関するお話をいくつかしましょう。

「あなたもきっと当選者になれる」

という宝くじ販売用のコピーの文言を少しだけ変えたら売上げが大幅に伸びたという話があります。

さて、どんなコピーに変えたと思いますか?それは
次のコピー。

「あなたはすでに当選者かもしれない」

このコピーに変えたら大幅に売上げ(宝くじ購入者)が増えたそうです。

(参照:『 相手を思いのままに「心理操作」できる』デヴィッド・リーバーマン著 三笠書房)

人は得や快を求めて、損や苦を避ける生き物ですが、得や快を求めるより損や苦を避ける方が行動エネルギーが大きくなります。

「幸せになりたいな」「あれが手に入るといいな」「健康でいたいな」と思う人は多いのですが、実際に今すぐに具体的に行動する人は少ないようです。一方、「損失がでる」「不幸になってしまう」「それを失う」「病気のリスクがある」という恐れのあるものはすぐに行動してその損や苦を避けようとします。

前述のコピーの「あなたもきっと当選者になれる」は幸せになれるかもしれない、という得や快を求めるもの。それに対して「あなたはすでに当選者かもしれない」の方は、自分が当選者かもしれないのにそのチャンスや権利をみすみす逃してしまう、という失うリスクが読み取れるから行動に至りやすいということです。

ということは、交渉時には「このシステムの導入で利益性が高まります」と伝えるよりも「御社は当然手に入れるべき利益を逃しているかもしれません」と説明をした方が損や苦を避ける行動のエネルギーにつながりやすくなるということになります。こんなちょっとした言葉の違いでも人の行動は変わります。 続きを表示…

このページのトップへ

シェアリング・エコノミーで地方を活性化

2016/02/01 :地域観光事業のススメ方

株式会社 井門観光研究所 代表取締役  井門 隆夫(いかど たかお)氏

─タブーを超越する勇気と知恵を─

1.賛否両論の「民泊」問題

この1年間、空き家を宿泊施設として貸し出す「民泊」問題がニュースを賑わしてきた。2020年に向けて東京での宿泊施設不足を解決したい政府は、国家戦略特区を設けて東京都や大阪府などで試行を始めたのは既報でご存じの方が多いと思う。今後、16~17年のうちには旅館業法を見直し、全国で「民泊」が可能とする方向で議論が進んでいる。

この議論に関しては、「旅館業界」は強く反対している。また、一般市民の多くも、防犯や治安などの安全面で不安視する声が多い。一方で、ITに関する知識のあるビジネスパーソンは圧倒的に賛成派が多い。楽天などのIT産業や旅行業などが加盟する「新経済連盟」が政府のブレーンになっているのをみても明らかだ。また、ITに長け、将来予測のできる旅館の若手経営者には実は賛成派も少なくない。

この問題に関して、筆者も「あなたは賛成か、反対か」とよく聞かれるのだが、ひと言で答えられないので安易には答えていない。ただし、とりあえず「反対」と答えておかなくては全国の旅館の友人を失うし、自分の住む集合住宅がそうなったときを考えても簡単に「賛成」とはいえない。が、長い目でみれば、是々非々で取り組んでいくことが、とりわけ地方の観光産業にとってプラスに働くのではないかと思っている。 続きを表示…

このページのトップへ

新潟ビジネス最前線 ⑬ 自動車販売・整備業

2016/02/01 :新潟ビジネス最前線

1.業界の現状

◎自動車販売業とは

自動車販売業は、「自動車(新車)小売業」と「中古自動車小売業」に分類される。本レポートでの「自動車販売業」とは「自動車(新車)小売業」を指すものとする。

自動車販売業は、メーカーから直接仕入れて個人に販売する「ディーラー」と、メーカーからではなくディーラーから自動車を仕入れて販売する「業販店」の2種類がある。

ディーラーは契約したメーカーの車種のみを販売しているのに対して、業販店では複数のディーラーと取り引きし、様々なメーカーの車種を販売している。また、業販店は地域の自動車整備業者などが兼業しているケースが多くみられる。

◎自動車整備業とは

ビジネス1自動車整備業は、自動車のメンテナンスや修理、診断、車検業務を行う業種である。また自動車整備業は道路運送車両法に基づいた国の認可事業であり、地方運輸局長の認証を受けた「認証工場」と、認証工場としての点検・整備に加え、民間車検場として国に代わって検査まで行う「指定工場」がある。

業態別では、整備の売上高が総売上高の50%以上を占める「専業」、整備以外の売上高が総売上高の50%以上を占める「兼業」、「ディーラー」の整備部門、自社の保有する車両の整備を行っている「自家」に分けられる(図表1)。

自動車販売と整備を兼業している事業所が多いことから、本レポートでは自動車販売業と自動車整備業の双方を対象とする。

◎新車登録台数、自動車保有台数の推移

ビジネス22014年における新潟県内の新車登録台数(軽自動車のほか、貨物、バス、特殊車両等も含む)は、前年比2.2%増加の125,352台と、3年連続の増加となった(図表2)。しかし、新車登録台数を長期時系列でみると、1996年から減少傾向にあり、ピーク時の156,560台から足元では8割程度の水準にまで減少している。

一方、2014年における新潟県内の自動車保有台数(同)は、前年比0.7%増の1,837,804台となり4年連続の増加となった。新車登録台数はピークから減少しているものの、使用年数の長期化などにより保有台数は緩やかな増加傾向にある。

◎自動車販売業・整備業者の事業所数の推移

ビジネス32004-12年の8年間で自動車小売業の事業所数は113カ所、自動車整備業の事業所数は350カ所、それぞれ減少している(図表3)。この背景には新車販売の減少や異業種からの整備業参入などによる競争激化などが考えられる。

なお、自動車販売業と自動車整備業の双方を行っている事業所の場合は、付加価値額もしくは販売額などが多い方の業種に分類される。 続きを表示…

このページのトップへ

第30回 中国で浸透する日本の小説ブーム

2016/02/01 :チャイナレポート

チャイナ12015年は中国において久々に日本のアニメ映画が上映された年であった。尖閣諸島の問題が発生して以降、日本の映画は約3年にわたって中国で上映が認められていなかったが、5月に「STAND BY MEドラえもん(中国語:哆啦A梦 伴我同行)」が公開された。この映画の興行収入は中国におけるアニメ映画の1日興行収入記録を塗り替えるほどの大ヒットとなった。また11月には約4年ぶりにコナンシリーズの「名探偵コナン 業火の向日葵(中国語:名探偵柯南 業火的向日葵)」が上映され、多くの中国人ファンを魅了した。

アニメに留まらず、日本の小説も人気が高い。日本の映画が上映されていなかった期間も、本屋の店頭には多くの日本の書籍が並べられていた。村上春樹の『ノルウェイの森(中国語:挪威的森林)』、『1Q84』などは従来から人気がある。また少年少女向け小説として、黒柳徹子の『窓ぎわのトットちゃん(中国語:窓辺的小豆豆)』は正式な訳本が出た2003年以降の累計販売数が700万部を超え、中国人作家を抑えてベストセラーが続いている。

そして、最近は東野圭吾がブームだ。中国でその知名度を上げたのは08年に中国で翻訳された『容疑者Xの献身(中国語:嫌疑人X的献身)』であるが、現在は『ナミヤ雑貨店の奇蹟(中国語:解憂雑貨店)』が大変な人気となっている。中国書籍専門サイト「開巻」の業界販売統計によれば、フィクション部門で『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は15年1月以降、毎月トップ10に入っている。日本人作家としては、10年の村上春樹(『1Q84 BOOK1』)以来5年ぶりのトップ10入りだ。中国のアマゾンの書籍売上ランキングでも、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は15年上半期で堂々の1位を記録した。多くの中国人の共感を呼んだことにより、この小説は東野作品としては初めて中国で映画化されることも決まっている。

チャイナ2この作品は、様々な悩みの相談に誠実にこたえる「ナミヤ雑貨店」を舞台に繰り広げられる感動的なミステリー小説である。中国アマゾンのサイトでは同作品に対する読者の評価数は6,500件を超えていて反響が大きい。中国の人気作家(郭敬明、韓寒など)や村上春樹の評価数と比べても約2~3倍と非常に多い。多くの読者は「この1年で読んだ作品で最も感動した」「良い作品に出合って心が洗われた。子供にも読ませたい」「神秘的な本だ。一気に読み終わった」など、作品を高く評価している。中国の若者はこの小説に対して、「人生の価値は必ずしも富や名声だけではなく、人と人の絆も非常に大切だと感じた」とのコメントを多く寄せている。急速に経済が発展し社会が変化する中国において、彼らはこの小説を通じて自分の価値観を見つめ直そうとしているのかもしれない。

チャイナ3大勢の中国人が日本へ旅行に訪れ、爆買いする様子は、日本でたびたび報道されている。旅行や買い物だけではなく、日本の小説やアニメに親しむ姿もまた彼らの一面である。彼らが日本のどのような作品を好み、どのように感じているのか。このような彼らの内面に目を向けることも、等身大の中国人を理解するうえでの一助になると思われる。
(上海駐在員事務所 佐藤 誠)

続きを表示…

このページのトップへ