5月2016

2030年までに目指す新潟県のすがた

2016/05/02 :自主調査(調査報告)

新潟グローバル化宣言
─新潟経済同友会提言書より─

はじめに

新潟経済同友会では、総合戦略プロジェクト委員会において「2030年までに目指す新潟県のすがた 新潟グローバル化宣言 日本海側の中核拠点新潟発、世界へ」と題した提言書をまとめた。

本レポートは、この提言書の策定に向けて、新潟県の現状と課題を把握するために実施した基礎調査の概要と提言骨子を転載したものである。

1.新潟県の現状と課題

(1)人口減少と少子化・高齢化

調査1新潟県の人口は、2015年10月1日現在(平成27年国勢調査速報値)で約230万人である。1995年の約249万人でピークを迎え、2040年(国立社会保障・人口問題研究所の中位推計)には約179万人と1920年(大正9年)の水準にまで落ち込むと予測されている(図表1)。

新潟県人口の社会動態は、県外への人口流出などにより転出者が転入者を上回る社会減で推移するなか、99年以降は自然減・社会減による人口減少が続いている。こうした背景としては、バブル景気の崩壊後、非正規雇用の増加や女性の社会進出に伴い、男女ともに晩婚化・未婚化の進展により、少子化が進んだほか、若年層を中心とした首都圏への流出が続いていることがある(図表2)。

(2)新潟県の中核拠点性の現状

①太平洋側に比べ見劣りする港湾の利用

調査3新潟港は、1869年1月1日(明治元年)に開港五港のひとつとして指定を受けた歴史的背景を持つ。現在の新潟港の港湾取扱貨物量は、本州日本海側港湾のなかで最大規模を誇るものの、2013年現在では3,300万F/T(注1)と国内最大の名古屋港の2割にも満たない(図表3)。

②新潟空港利用の不振

調査42014年における新潟空港の乗降客数(国際便と国内便の計)は、101万人と年間100万人を上回ったものの、全国に50ある空港中28位にとどまっている(図表4)。

新潟空港は、現在の主要滑走路が2,500mのため、欧米からの直行便が就航できないほか、騒音などの理由から24時間の離発着ができずLCC(格安航空会社)の航路誘致の制約となっている。

③地位の低下が懸念される上越新幹線

調査5上越新幹線(上越線)の年間乗降客数は3,000万人前後で推移している。これは、北陸線(2015年4月より北陸新幹線)、九州線を上回っているものの、東北線、山陽線を下回る水準で推移している(図表5)。

また、北陸新幹線の金沢への延伸によって、現在、東京─金沢、金沢─新大阪、東京─新大阪間がそれぞれ約2時間半の時間距離に短縮している。将来的には、リニア中央新幹線が東京─名古屋間を27年に約40分、その後45年には東京─大阪間を最短67分で結ぶ計画となっている。鉄道による高速交通網には大きな変化が予想されることから、上越新幹線の相対的な地位の低下が懸念される。

注1 TFPF/T(フレート・トン):容積は1.133m3、重量は1,000kgをもって1トンとし、いずれか大きい方で計算する貨物の単位

続きを表示…

このページのトップへ

地元の誇りを、おいしさに変えて

2016/05/02 :感頭言

キリンビールマーケティング株式会社 新潟支社長 山本 泰仁

新潟のキリングループは「地域密着・地域貢献」を推進しており、地域限定商品の発売や地域に根差した営業活動を通じ、新潟の活性化に貢献したいと考えております。今回は地域限定商品による「地域密着・地域貢献」について紹介をさせていただきます。

1990年3月に発売し、四半世紀以上もの長い間、皆様に愛され続けている「キリン一番搾り」。今年、その新潟限定商品を発売することになり、支社長である私が商品開発責任者として任命されました。

真っ先に頭に思い浮かんだことは、メーカーのひとりよがりの開発をするのではなく、地元の方々の声を十分に反映させたコンセプトに基づいた商品を創り上げ、新潟の皆様に「これぞ、新潟のビール!」と満足・共感して頂けるものにしなければならないという使命感でした。 続きを表示…

このページのトップへ

グラフで見る県内経済2016年5月(三月の新潟県経済)

2016/05/02 :グラフで見る県内経済

概況:横ばいで推移している県内 公共投資は下げ止まりつつある

生産活動:概ね横ばいで推移している

県内経済1月の鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比1.2%上昇して99.2となった。出荷指数は同2.0%上昇して99.3となった。在庫指数は同1.2%低下して135.7となった。

食料品は米菓などの増産から、好調を維持している。

輸送機械は自動車メーカー向けで持ち直しの兆しがみられる。

はん用・生産用・業務用機械は海外需要の減少などにより、工作機械を中心にやや弱い動きとなっている。

電子部品・デバイスは一部に明るさがみられるものの、依然として低水準で推移している。

続きを表示…

このページのトップへ

新潟太陽誘電株式会社

2016/05/02 :探訪

積層セラミックコンデンサの生産拠点として上越から世界を目指す   新潟太陽誘電株式会社

群馬県に本拠地を置く太陽誘電グループのコンデンサの生産拠点として上越市に設立された新潟太陽誘電株式会社。

進出して9年目で第2号棟を増設し、量産化に向け、今年の3月から稼働しました。同社の上越への進出の経緯と今後の事業の展望について山田社長からお話をお聞きしました。

探訪[会社概要]
代表者 山田 英夫
所在地 上越市
設立 2007年1月
社員数 501名
資本金 10億円
事業内容 セラミックコンデンサの製造・販売
URL http://www.niigata-yuden.com/

続きを表示…

このページのトップへ

今すぐできる選りすぐりのアイデア 第2回

2016/05/02 :酒井とし夫の街でみつけた『商売繁盛心理学』

ビジネス心理学講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター/米国NLP心理学協会認定コーチ/ランチェスター経営認定講師 酒井とし夫 氏

こんにちは、ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。

私はどんな商品やサービスを扱っていても、どんな業界で働いていてもビジネスにはひとつの共通項があると考えています。

それは・・・お客様は「人」である、ということ。

そして人は「心」で好き嫌いを感じ、「心」で興味を抱き、「心」で買うか買わないかの行動を決定します。

そのためどんな業界や職種の方々であっても、ビジネスに関わる方は人の「心」に影響を与える心理学の知識やスキルを理解しておくと、交渉、打ち合わせ、営業、広告、販促、プレゼンテーション、接客、コミュニケーションで優位に立つことができます。

私が日常生活のなかでみつけた商売に役立つ心理学的なヒントやアイデア、ノウハウを毎月紹介します。是非、あなたのご商売や会社経営に応用するにはどうしたら良いのかを考えながらお読み下さい。

栗きんとん

「酒井さん、ブログを書いているのですが来店につながりません・・・」

「フェイスブックを始めたのですが商品が売れません・・・」

「YouTubeに投稿しているのですが全然反応がありません・・・」

私は地方の中小個人企業向けにSNSの活用をテーマにした講演会を行うのですが、よくこのような声を聞きます。これらの人たちから話を聞くとその原因は「ある要素の少なさ」であることがほとんどです。

少し想像してください。たとえばあなたが新潟県内に住んでいて美味しい栗きんとんを食べたくなったとしましょう。栗きんとんといえば岐阜県の中津川地域が発祥地だといわれていますが、もし、あなたが中津川地域の美味しい栗きんとんをお取り寄せしたいと思ったらどんな行動をしますか?

今ならスマホやタブレットで次のように検索するはずです。

「栗きんとん 中津川 お取り寄せ」

そして、Googleの検索結果の1~3ページ目に掲載されるお店をチェックして取り寄せることになります。

・・・ということはもし中津川で栗きんとんを販売しているお店がネットを使って全国を相手に商売をしようと思うなら、どんなに美味しい栗きんとんを作っていたとしても、「栗きんとん 中津川 お取り寄せ」と検索をしたときにGoogleに表示されないと、そのお店は「存在していないのと同じ」ことになります。

これは新潟県内で商売をしている会社やお店でも同じことです。もし、あなたがSNSを使って日本全国で仕事をしたい、商売をしたい、全国からお客様を集客したいと考えているなら、あなたの商品やサービス、会社やお店がGoogleに表示されないと、ネットの世界では「存在していないのと同じ」ことなので、そもそも誰もあなたのことを知りようがないわけです。

では、なぜあなたの商品やサービス、会社やお店がGoogleで上位表示されないのか?それが先に述べた「ある要素の少なさ」に起因していることがほとんどなのです。 続きを表示…

このページのトップへ

エリアマーケティングを始めよう

2016/05/02 :地域観光事業のススメ方

株式会社 井門観光研究所 代表取締役  井門 隆夫(いかど たかお)氏

─観光予報プラットフォームの活用─

1.観光予報プラットフォーム

井門さん観光予報経済産業省が開発し、昨年12月に公表した「観光予報プラットフォーム(β版)」をご存じだろうか。国内外の複数の旅行会社やネットエージェント(宿泊予約事業者)の宿泊予約データ、約6,575万人泊以上のビッグデータを解析できる無料のオープンデータソースだ。市町村別に「宿泊実績」を分析できたり、6カ月先までの「宿泊予約状況」を集計できたりする便利なツールで、登録をすれば誰でも使うことができる。特に地域のDMO(Destination Marketing Organization)のマーケティング担当者にとっては、有難い助っ人となるに違いない。今回はその機能の一部をご紹介しよう。

2.「宿泊実績」表示機能

① 宿泊者居住地ランキング

井門さん1新潟県の温泉地は「地元商圏型」と「広域商圏型」に分けることができる。これまで何となくわかっていたことを数値で示すことができるのでとても便利だ。その根拠となるのが、「観光実績」機能の「宿泊者居住地ランキング」である。

図表1は、一例として、新潟市西蒲区(岩室温泉等)と十日町市(松之山温泉等)の比較をみたものだ(いずれも2015年度の秋・冬の実績)。この表をみると、岩室温泉等は県内需要が44%(首都圏4都県からは35%)と地元商圏からの利用が多い「地元商圏型」であるのに対し、松之山温泉等は首都圏の4都県が73%(県内17%)と「広域商圏型」であることがわかる。

新潟県内のこの他の「地元商圏型」温泉地としては、瀬波温泉(県内37%、首都圏34%)、月岡温泉(県内48%、首都圏32%)等があり、「広域商圏型」としては、湯沢温泉(首都圏86%、県内5%)妙高市(首都圏51%、県内16%)、佐渡市(首都圏44%、県内8%)等がある。

逆に、「新潟県民がどこに出かけていったか」というランキングの表示もできる。こちらは、1位は「千葉県浦安市」(東京ディズニーリゾート)、2位は「新潟市中央区」、3位は「新発田市(月岡温泉等)」と、秋・冬は「ディズニー強し」であったことがわかる。

マーケティングの第一歩は、「どのエリアから来ているのか」を知り、他エリアと比較することから始まるので、まずは興味あるエリアを観光予報プラットフォームで調べてみるとよい。 続きを表示…

このページのトップへ