6月2016

“健康ブーム”を考える

2016/06/01 :感頭言

新潟薬科大学 学長 寺田 弘

健康に関する関心が、このところとみに高まっているように見受けられる。健康は人類すべての願いであるから、健康な生活を送りたいという願いが強まることは当然のことであろう。しかし、電車の中吊広告などから判断すると、どうも健康を増進することが安易に捉えられているような印象を受けるので、健康に関し私見を述べてみたい。

人間は動物の一員なのであるから、“動くこと” と“養分を摂取すること” がその活動の基本であり、いずれも、健康を維持するうえで重要である。動くことは、目的とする場所に移動するのに必要であるが、人類は自らが歩かなくても目的地に到着できる移動手段を発明した。これは、時間の短縮、すなわち、生活寿命の延伸に多大な貢献をしたけれども、それによって“稼いだ” 時間をどのように活用したらいいかを真剣に考える必要がある。 続きを表示…

このページのトップへ

グラフで見る県内経済2016年6月(四月の新潟県経済)

2016/06/01 :グラフで見る県内経済

概況:横ばいで推移している県内。公共投資は下げ止まっている

生産活動:概ね横ばいで推移している

県経済図2月の鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比2.1%上昇して101.3となった。出荷指数は同4.2%上昇して103.5となった。在庫指数は同0.7%上昇して136.7となった。

食料品は米菓などの増産から、好調に推移している。

輸送機械は自動車部品の生産で持ち直しの動きがみられる。

はん用・生産用・業務用機械は海外需要の減少などにより、工作機械を中心にやや弱い動きとなっている。

電子部品・デバイスは一部に明るさがみられるものの、依然として低水準にある。

続きを表示…

このページのトップへ

NGT48劇場支配人 今村 悦朗

2016/06/01 :探訪

地方から元気を発信する  NGT48劇場支配人 今村 悦朗

秋葉原の劇場からスタートし、今は全国でブレークしているAKB48の姉妹グループとして昨年結成したNGT48。

今年1月に新潟に開設した劇場を拠点にしたグループの活動と今後の展望について今村劇場支配人にお話をお聞きしました。

[劇場概要]
探訪劇場支配人 今村 悦朗
所在地 新潟市
設立 2016年1月
メンバー 26名
事業内容 公演/物販販売、AKB48姉妹グループとして新潟の劇場を拠点にグループ活動、インターネット販売サイト運営
URL http://ngt48.jp/

続きを表示…

このページのトップへ

今すぐできる選りすぐりのアイデア第3回

2016/06/01 :酒井とし夫の街でみつけた『商売繁盛心理学』

ビジネス心理学講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター/米国NLP心理学協会認定コーチ/ランチェスター経営認定講師 酒井とし夫 氏

こんにちは、ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。

私はどんな商品やサービスを扱っていても、どんな業界で働いていてもビジネスにはひとつの共通項があると考えています。

それは・・・お客様は「人」である、ということ。

そして人は「心」で好き嫌いを感じ、「心」で興味を抱き、「心」で買うか買わないかの行動を決定します。

そのためどんな業界や職種の方々であっても、ビジネスに関わる方は人の「心」に影響を与える心理学の知識やスキルを理解しておくと、交渉、打ち合わせ、営業、広告、販促、プレゼンテーション、接客、コミュニケーションで優位に立つことができます。

私が日常生活のなかでみつけた商売に役立つ心理学的なヒントやアイデア、ノウハウを毎月紹介します。是非、あなたのご商売や会社経営に応用するにはどうしたら良いのかを考えながらお読み下さい。

開封率を高めるメールの件名

パソコンメールも携帯メールも最近はスパムメールが多いですね。あなたもメールの件名だけをみて中身を読まずに削除をすることが多くありませんか?

困るのは削除したメールや迷惑フォルダに入っているメールにたまに大切なメールが含まれていることです。私も間違えて仕事の依頼のメールを削除してしまうことがあります。

酒井さん写真右の画像は先日受信したメール一覧です。一番上のメールの件名に「読まないと損!?削除前にご一読を」と書かれていたので、「何か大切なことが書かれているメールなのかもしれない」と思い、本文を読んでしまいました。結論からいうとこのメールはスパムメールだったのですが、このメールの件名はその日の受信したメールの中で一番目立ちました。

人には得ることよりも「失うことや損をすることを回避したい」という強い心理があります。そのためメールの件名も「お得な情報です。ご一読を」よりも

「読まないと損!?削除前にご一読を」

の方がより興味を引くのです。何気ない件名ですが、これは人の心理を理解した上手い言葉の使い方です。

最近は企業から送信される広告メールやメルマガの開封率もかなり下がっていますが、件名をちょっと工夫するだけで開封率と精読率が上がります。たとえば「老後に備える投資情報」よりも「老後の生活資金を失わないための投資情報」というメール件名の方が受信者の興味を引くことになります。

もちろん、このようなちょっとした言葉の使い方で反応が変わってくるのはメールの件名に限ったことではありません。

今日はお客様の印象に残り、興味を引き、好意を生み出すそんなちょっとした言葉の使い方を紹介しましょう。 続きを表示…

このページのトップへ

地域から宿の灯を消さないために

2016/06/01 :地域観光事業のススメ方

株式会社 井門観光研究所 代表取締役  井門 隆夫(いかど たかお)氏

─海士町(あまちょう)観光協会の挑戦─

1.人手不足が阻む壁

政府は、訪日外国人旅行者数の目標値を2030年に6,000万人に引き上げ、地方での宿泊も伸ばすと先日発表した。試算すると、外国人旅行者の数は日本人の成人旅行者に近くなり、今から15年後には「平日の新幹線乗客の半数は外国人」となって、ビジネス客と座席を奪い合っているようになるだろう。一方、これまで主役だったシニア客は外国人の半数程度になり、超高齢化から長距離移動をしなくなることもあり、地元観光地でみかける程度になる。

その様な予測の立つ近未来だが、どうしても気になることがある。それは、地方への外国人旅行者数を増やし、平日の新幹線や地方宿泊業の客室稼働率を物理的に高めることは、理屈では可能だが、「地方の人手不足」がその実現を阻むように思えてならないことだ。

旅館業に限れば、全国の平均客室稼働率は35%(新潟県は25%)と低く、まだまだ受け入れに余裕があるようにみえる。しかし、その調査票では「営業日数」の記載欄がないので、この数値は、家族経営の民宿でも365日営業していることが前提となっている。

ただ実際は、家族経営の場合などは半農半宿であることも多く、家族の休日を設ける必要があり、その際の平均営業日数は年間240日程度ではないだろうか。それで計算し直すと平均客室稼働率は50%を超える。それに加えて、食事をする部屋や食事提供にかかる作業の要員確保を考えると、それほど客室稼働を高めることはできないのではないだろうか、という懸念が払拭できないのである。

その解決に向けては、「空いている客室」を効率的に埋めていくため、地域を挙げて「宿泊業(家族経営の旅館や民宿)のワークシェア」に取り組む必要があるのではないかと思う。つまり、現在働いている経営者家族や周辺のパートさんだけでは対応できない作業を「別の人たちでフォローする」ということだ。例えば、インターネットでの予約管理、SNSでの情報発信、送迎、食事の提供、清掃、建物の管理、受付などである。最近では、都市部での民泊物件に関して、警備保障会社が管理や受付まで受託する例もある。類似したことを地方の宿泊施設でも実施することが訪日外国人6,000万人の実現に向けた鍵になるような気がするのだ。

そして、そうした取り組みをすでに実施している町がある。10年間で500人ものIターン者が移住したことで知られる島根県の「海士町」だ。 続きを表示…

このページのトップへ

新潟ビジネス最前線⑮ 作業工具製造業

2016/06/01 :新潟ビジネス最前線

1.業界の現状

◎作業工具とは

ビジネス最前線写真1作業工具とは、しめる、つかむ、たたくといった主に手作業用の工具(Hand Tool)の総称であり、土木・建設、電気工事、自動車整備等の作業現場のほか、一般家庭のDIYなど幅広い分野で使用されている(右写真)。

作業工具の製造工程には、原材料となる鋼材の切断、鍛造、機械加工、熱処理、研磨、めっき・塗装など様々な工程がある。一般に熱処理等は外注を利用する場合が多い。また、鍛造や機械加工においても多様な形状やサイズによっては、外注が利用されるケースがある。

◎県内作業工具出荷額の推移は全国とほぼ同様の動き

1ビジネス最前線図経済産業省の「工業統計調査」において、全国の作業工具の出荷額(従業者4人以上の事業所)の推移をみると、2008年までは増加傾向にあったが、いわゆる「リーマン・ショック」などの影響から09年以降、3年間は低調に推移した。しかし、12年に入ると東日本大震災の復興需要に備えた増産や円安を背景とした輸出増加などから出荷額は684億円と大幅に増加した。

13年の出荷額は615億円とやや減少したものの14年は701億円となり、12年以降は概ね横ばいで推移している。

続いて同省の「生産動態統計」で作業工具の主な種類別の生産量をみると、14年は「スパナ・レンチ」が4,125万個と最も多く、次いで「ドライバー」が3,840万個、「プライヤー・ペンチ」が769万個などとなっている(図表2)。

なお、新潟県の作業工具出荷額の推移をみると、全国とほぼ同じ動きとなっている(図表3)。

ビジネス最前線図3事業所数(従業者4人以上の事業所)の推移をみると、全国、新潟県ともに緩やかな減少傾向にある(図表1、3)。

ビジネス最前線図4◎都道府県別にみた位置付け

14年における新潟県の作業工具製造業の位置付けを都道府県別にみると、出荷額は大阪府に次いで2位、事業所数、従業者数はいずれも全国1位となっている(図表4)。

なお、作業工具は新潟県三条市と大阪府の東大阪市周辺が国内の2大産地となっており、この2府県で全国の出荷額の5割強を占めている。 続きを表示…

このページのトップへ

第32回 イノベーティブな国、中国

2016/06/01 :チャイナレポート

中国の通信業界専門シンクタンクの調査によると、2015年の中国におけるモバイル端末による決済額は、前年の2倍となる16兆4,000億元(約285兆3,600億円)に達したという。これはアメリカの約1.3倍の規模にあたり、世界最大規模になっている。

中国国内の現在のインターネット人口は約6億6,800万人といわれ、全人口に対する普及率は48.8%となっている。このうち、スマートフォンやタブレット端末などの携帯端末を通じたモバイルインターネット利用者は、5億9,400万人。インターネット利用者に占める比率は88.9%にも及んでいる。

日本のインターネット人口は約1億人で普及率は82%と高いものの、スマートフォンの利用割合では50%程度にとどまっている。この差から、中国でスマートフォンがいかに普及しているか想像できるだろう。

中国の電子決済の歴史を振り返ると、既存金融機関は1997年にインターネットバンキングサービスを開始したものの、顧客へのサービス窓口が変わっただけで、既存サービスは進化せず、悪用への懸念からクレジットカードの普及も先進国に比べ進まなかった。

一方、第三者決済機関が新たな決済手段である「支付宝」や「微信支付」の提供を始め、電子商取引、ゲーム、交通機関チケットなど幅広い業界を巻き込みながら電子決済が爆発的に増加してきている。

その成長の舞台がスマートフォンという情報通信機器であり、スマートフォンの持つ利便性を活かした多様な新しいサービスが日々続々と登場している。その動きの広がりやスピードは極めて印象的であり、「イノベーション」の可能性を強く感じる。

例えば、スーパーやコンビニのレジ。以前は、銀聯カード(デビットカード)や現金が主な支払手段であった。中国は人口が多いことから、ちょっとした買い物でも常に長い行列に並ぶ必要があった。しかし、今では「支付宝」や「微信支付」、さらには「アップルペイ」などのモバイル決済が主流になりつつある。弊事務所の入っているビルのコンビニで支払方法をみていると、10人に8人程度はモバイル決済を利用している。

キャッシュレス化の浸透は、日本をはるかに上回るスピードで広がっている。

チャイナレポート表中国の現金流通高(年末残)は増加基調にあるものの、名目GDPに占める現金流通高をみると2004年に「支付宝」が開始された以降、毎年低下し15年では9.2%を記録し、アメリカの8%と同水準まで低下している。同数値が20%を超える日本国内とは違う経済環境が中国にはあるのだ。これからの中国市場への展開を考えるうえでは「キャッシュレス化」がキーワードになるだろう。

さらに、新たな決済手段は消費スタイルにも影響を与えている。飲食店を選ぶにあたって、「支付宝」の利用ができるかが重要な条件となってきている。そのため、ローカルなお店でも「支付宝」で支払いができる店舗が増えている。

これらの新たな決済手段は、利用者にとって使い勝手が良く、販売店もカードリーダーなどの投資が不要であり、利用履歴などのビックデータを活用すれば新しいサービス開発が可能となるため、双方にメリットが見込め、浸透を加速させているようだ。

また、決済サービスの他にも新しいサービスが続々登場している。

①医療

中国では、良い医療機関を受診するには行列で何時間も待たなければならないうえ、医療費の自己負担額も日本に比べると各段に高いという現状がある。このような医療現場の課題に対し、医師への相談を安価な価格でチャット、電話、テレビ電話などを介して提供するほか、医療レベルの高い病院の予約サービスもしてくれるアプリに人気が集まっており、現在のユーザー数は9,200万人にも及んでいる。

②出前宅配

チャイナレポート表2日本でも出前宅配サービスが提供されているが、中国の同サービスは情報量が格段に日本を上回っている。チェーン店に加え、地元の名店、老舗や町内の住民しかわからないような地元密着店にいたるまで多種多様な店舗情報を入手することができる。また、価格についても宅配料金無料に加え、店頭料金よりも安く設定されている場合が多いので、一度使うと継続して使う人が多い。

先日も早朝に、20代らしき女性が弊事務所が入居するビルの入口で、配達業者から朝食用と思われる豆乳とパンを受け取っている光景に出くわした。ビル内に入れば10メートル先にはコンビニもあるが、出勤時間すれすれに会社へ出社することが一般的な社会ではこのような使い方も存在する。

③洗車

チャイナレポート表3上海などの大都市では大気汚染が酷いこともあり車がすぐに汚れる。このため洗車需要が高く週末を中心に混雑している。上海を中心とする華東地区は水不足という問題は少ないが、水資源の少ない北京や西部地区では洗車は贅沢なサービスである。この出張洗車サービスでは、アプリで車の周辺にいる清掃員を呼ぶと、専用バイクに乗った清掃員がやってきて無水洗車サービスを安価で提供する。場所を選ばず洗車サービスを享受できるだけでなく、修理、中古車販売などの車関連サービスも提供していることから人気が出てきている。

このような新しいサービスが次から次へと生まれてくる理由の一つに、中国国内には消費者のニーズを高いレベルで満たすようなモノやサービスがまだまだ不足しているという現実がある。経済力をつけた消費者はよりよいサービスを求めている。見方を変えれば、中国市場はまだまだ魅力的なのである。

中国経済は、従来型産業の不振や経済の成長スピードの鈍化等のマイナス部分に関心が集まっているが、消費市場ではインターネットを軸として、さまざまな新しいビジネスモデルが続々と現れており、明るい部分も多く存在している。

(上海駐在員事務所 川邊 正則)

続きを表示…

このページのトップへ