9月2016

新潟県の景気の現状と先行き見通し

2016/09/01 :自主調査(調査報告)

─県内経済は横ばいで推移しているものの、一部に弱さがみられる─

1.景気の現状と先行き

現 状

◎ 県内経済は横ばいで推移しているものの、一部に弱さがみられる

県内主要経済指標等から景気の現状を概観すると、個人消費や住宅投資は横ばいで推移している。一方、生産活動が新興国経済の減速を受けて弱含んでいるなか、設備投資は減少している。したがって県内経済は横ばいで推移しているものの、一部に弱さがみられる状況にある。

当センターが2016年5〜6月に実施した「新潟県企業動向調査(以下、企業動向調査)」をみても、県内企業の業況感を示す実績BSIは16年1−3月期までは横這いで推移したものの、4−6月期に低下し、県内企業の業況感は悪化している(図表1)。

調査1

(※)BSI(ビジネス・サーベイ・インデックス)とは、アンケートの回答結果を指数化したものである。本稿でのBSIとは、業況あるいは先行きの見通しなどが「良い」か「悪い」かという質問に対して「プラス(良い、増加等)」「中立(不変等)」「マイナス(悪い、減少等)」の3つの選択肢を用意して、「プラス」と回答した企業の割合から「マイナス」と回答した企業の割合を差し引いた数値のことをいう。

先行き

◎横ばいが続く

個人消費と住宅投資は引き続き横ばいで推移するものとみられる。生産活動は新興国経済の減速の影響のほか、円高の進行を受けて輸出関連企業を中心に弱含みで推移するとみられる。設備投資も先行きの不透明感から前年を下回る状況が続くと考えられる。

そのため県内経済は引き続き、横ばいで推移するものの、弱めの動きが続く見込みである。

 

2.生産活動の現状と先行き

現 状

◎弱含んでいる

調査2新潟県の鉱工業生産指数(季節調整値)は、16年1−3月期に前期比1.2%低下の98.8となり、5四半期連続で前期を下回った(図表2)。その後の動きをみると、4月は前月比0.9%上昇したものの、5月は同1.3%の低下となっており、生産活動は弱含んでいる。

生産指数を業種別にみると、はん用・生産用・業務用機械は新興国経済の減速などを背景とした輸出の減少により、弱い動きとなっている(図表3)。化学や電子部品デバイスはスマートフォン向けで前年を下回っており、低水準で推移している。一方、輸送機械は自動車部品を中心に持ち直しの動きがみられる。

先行き

◎弱い動きが続く

生産活動の先行きを業種別にみると、はん用・生産用・業務用機械や化学は、新興国経済の減速の影響のほか、円高の進行を受けて弱含みで推移すると考えられる。電子部品デバイスは、夏以降、新型スマートフォン向けの部品の生産が増加する企業が一部にあるものの、全体としては円高などの影響により、低水準が続くとみられる。

一方、食料品は米菓や包装米飯を中心に好調を維持することが見込まれるほか、金属製品は東京オリンピックを見据えたインフラ整備向けなどで、作業工具や建設用金属製品などを中心に堅調を維持するとみられる。輸送機械は輸出を増加させている自動車メーカーの影響から、持ち直しの動きが続くと思われる。

総じてみると、食料品や金属製品などの内需関連は堅調に推移するものの、はん用・生産用・業務用機械や化学などの輸出関連は低調が続き、生産活動全体では弱い動きが続くと見込まれる。

~全文は以下のPDFをご覧ください。~

全文PDFtip_pdf

このページのトップへ

たかが予測、されど気になる未来

2016/09/01 :感頭言

事業創造大学院大学 学長  仙石 正和

去る6月27日(2016年)、著名な「未来学者」のアルビン・トフラーさん(87歳)が亡くなられました。トフラーさんは、1980年に「第三の波」を出版し、農業革命、産業革命に続く、情報革命が起こると主張しました。インターネットが普及する20年も前に、情報化社会を予測していたわけです。現在、ご活躍の有名な未来学者レイモンド・カーツワイルさんは人工知能の研究者でもあり、2045年には、人工知能(汎用人工知能)は人類を超えると予測しています。先日、人工知能が囲碁のプロ棋士を破ったとのニュースによって、多くの人々は、人工知能が、自ら考える能力を持ち始めたと感じました。人工知能は自ら学習を継続し、少しずつ賢くなってきているわけです。 続きを表示…

このページのトップへ

グラフで見る県内経済2016年9月(七月の新潟県経済)

2016/09/01 :グラフで見る県内経済

概況:横ばいで推移しているものの、一部に弱さがみられる県内経済生産活動は弱含んでいる

生産活動:弱含んでいる

県内経済5月の鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比1.3%低下して98.2となった。出荷指数は同0.5%低下して99.2となった。在庫指数は同4.0%低下して130.6となった。

はん用・生産用・業務用機械は新興国経済の減速などを背景とした輸出の減少により、弱い動きとなっている。

化学や電子部品・デバイスはスマートフォン向けで前年を下回っており、低水準で推移している。

一方、輸送機械は自動車部品を中心に持ち直しの動きがみられる。

続きを表示…

このページのトップへ

セイデンテクノ株式会社

2016/09/01 :探訪

抵抗器の製造や農産物の加工・販売などで佐渡の産業を振興し、地域とともに発展する    セイデンテクノ株式会社

宇宙航空研究開発機構の認定を受けるほどの高い技術力を持つ一方、足元では農産物の加工・販売も展開しているセイデンテクノ株式会社。

競争の激しい電子部品業界で会社を発展させてきた経緯と、今後の展望について柴原会長からお話をうかがいました。

探訪[会社概要]
代表者 柴原 行雄
所在地 佐渡市
設立 1973年4月
社員数 75名(グループ120名)
資本金 2,000万円
事業内容 各種抵抗器の製造、地元農産物の加工・販売
URL http://www.seidentechno.co.jp

 

続きを表示…

このページのトップへ

今すぐできる選りすぐりのアイデア 第6回

2016/09/01 :酒井とし夫の街でみつけた『商売繁盛心理学』

ビジネス心理学講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター/米国NLP心理学協会認定コーチ/ランチェスター経営認定講師 酒井とし夫 氏

こんにちは、ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。

私はどんな商品やサービスを扱っていても、どんな業界で働いていてもビジネスにはひとつの共通項があると考えています。

それは・・・お客様は「人」である、ということ。

そして人は「心」で好き嫌いを感じ、「心」で興味を抱き、「心」で買うか買わないかの行動を決定します。

そのためどんな業界や職種の方々であっても、ビジネスに関わる方は人の「心」に影響を与える心理学の知識やスキルを理解しておくと、交渉、打ち合わせ、営業、広告、販促、プレゼンテーション、接客、コミュニケーションで優位に立つことができます。

私が日常生活のなかでみつけた商売に役立つ心理学的なヒントやアイデア、ノウハウを毎月紹介します。是非、あなたのご商売や会社経営に応用するにはどうしたら良いのかを考えながらお読み下さい。

東北のマジック・バー

東北のある街に私の先輩Sさんが住んでいます。先日、数年ぶりにそのS先輩の家に遊びに行きました。1泊2日の旅行でしたが、いろいろなところに連れて行ってもらい、美味しいものをたくさんご馳走になって、楽しい時間を過ごしました。

夜、S先輩が1軒のお店に連れて行ってくれました。そのお店はテーブルマジシャンがお客様を楽しませてくれるマジック・バー。S先輩がマスターに言いました。

「マスター、今日は新潟の友だちを連れてきたよ」

人懐っこい笑顔でマスターが言います。

「いらっしゃい。それじゃ、腕によりをかけて楽しませるね」

それからカウンターに座った私の目の前でマスターとスタッフのケンちゃんが次から次へとテーブルマジックを披露してくれたのですが・・・。

選んだカードがピタリと当たる、手に握り締めたはずのコインが手をすり抜ける、ボールが瞬間移動する、タバコが消える、目の前にあったはずのカードがいつの間にか私の上着のポケットに入り、店内を光の玉が飛び交い、スプーンはぐにゃっと曲がる・・・。笑いあり、驚きあり、感動ありの時間が過ぎていきました。

マスターとケンちゃんは休む間もなく次から次へとマジックを披露してくれます。私は途中でケンちゃんに聞きました。

「ケンちゃんっていったいどれくらいの時間をマジックし続けることができるの?」

ケンちゃんは数秒考えてからこう言いました。

「2週間はずっとやり続けることができます」

「え~~~~~~~~~っ!」

私はせいぜい2、3時間かな、と思っていたのですが、なんとケンちゃんは2週間ぶっ続けで手品を披露できるというのです。

マジックが好きで好きで仕方がない、お客様が驚き、喜ぶのが嬉しくて仕方がない、自分のマジックを披露するのが楽しくて仕方がない、お客様と楽しい時間を共有するのがとても嬉しい、お客様には大いに喜んでもらいたいのだそうです。

私はつい物事を商売やビジネスの視点で見てしまうので、最初はこう思いました。

「マジックをするたびに料金が加算される仕組みなのかしら?」

でも、違いました。すべて付加価値なのです。サービスなのです・・・、というよりこのお店のマスターとケンちゃんは本当にマジックが好きなのです。

それが、お客様にも伝わるのか、気がつくとお店は満席になっていました。

マスターとケンちゃんはあちらのテーブル、こちらのテーブルと移動しながら、さらにマジックを披露し続けています。その姿を見ながら私はこう思いました。

「好きなことを仕事にしている人には誰も敵(かな)わない」 続きを表示…

このページのトップへ

観光と福祉のコラボレーションへの挑戦

2016/09/01 :地域観光事業のススメ方

株式会社 井門観光研究所 代表取締役  井門 隆夫(いかど たかお)氏

─障害者と共生する職場や社会に─

1.身近な障害者

16年7月、相模原市で凄惨極まりない殺傷事件が発生した。あれから1カ月しか経っていないのだが、メディアは事件を追わず、記憶の彼方へと追いやろうとしていないだろうか。なにか、ふつうの事件とは違う。それは被害者が障害者だったからに他ならない。

4月からは「障害者差別解消法」が施行され、職場では障害の有無で差をつけることが禁止され、合理的配慮を提供することが義務付けられた。「障害」というと、身体障害や知的障害が思い浮かぶと思うが、比較的忘れられているのが「発達障害」だ。例えば、広汎性発達障害のひとつであるASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)がある。

多くの有名人やアーティストも発達障害を公表しているが、知的障害を伴わないどころか、ひとつのこと(学習も含む)に執着することから、比較的知的レベルの高いケースも多い。その症状としては、周囲とのコミュニケーションを取るのが不得手で、マイペースを貫き、同じ行動を繰り返したりする。

ここまでであれば、周囲にいそうという声もあれば、自分もそうではないか、と感じる方も多いであろう。それだけ多いということであり、実際、日本において発達障害は年々増加している。その原因は諸説あり明らかではない。社会において容易に差別をしたり、後ろ指を指したりすることは禁止されなくてはいけないのだが、まずは、意外と身近な存在であることを認識しなくてはいけない。 続きを表示…

このページのトップへ

新潟ビジネス最前線 ⑱ 情報サービス業

2016/09/01 :新潟ビジネス最前線

1.業界の現状

◎増加基調にある国内民間部門の情報化投資

最前線1総務省「ICTの経済分析に関する調査」(2015年3月)によると、国内民間部門の情報化投資(05年価格)は増加基調にある。00年に10.7兆円であった国内民間部門の情報化投資額は、少しずつではあるが年々増加を続け、13年には16.3兆円にまで増加している(図表1)。

また最近では、クラウドコンピューティングやIoT、AIなど情報サービスに関する新たな技術が開発・実用化されつつあり、今後も情報化投資の増加が続くものと見込まれる。

このようななか、情報化投資を陰で支える情報サービス業の役割がますます増していくとみられることから、新潟県内における情報サービス業の現状や最近の動きについてまとめた。

◎情報サービス業とは

最前線2総務省「日本標準産業分類」によると、情報サービス業は、通信業や放送業、インターネット附随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の4業種とともに情報通信業に分類される業種のひとつである。そして、情報サービス業は、大きくソフトウェア業と情報処理・提供サービス業とに分けられる。

情報サービス業には、ソフトウェア業と情報処理・提供サービス業のいずれかのみを事業領域としている企業と、両方を事業領域として兼業している企業が含まれるほか、場合によってはインターネット附随サービス業を兼業している場合もある。

本レポートでは、ソフトウェア業と情報処理・提供サービス業とを合わせた「日本標準産業分類」上の情報サービス業に、インターネット附随サービス業も合わせたものを情報サービス業と位置づけることとした(図表2)。そのうえで、ソフトウェア業と情報処理・提供サービス業およびインターネット附随サービス業の3つを事業領域として網羅している企業を中心に整理している。

◎兼業比率の高い情報処理・提供サービス業

最前線3経済産業省「特定サービス産業実態調査」をもとに、ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業、インターネット附随サービス業それぞれについて、主業と兼業の状況を事業所数でみてみた。

事業所数でみると、全国では3業種とも兼業割合が30%~40%台であるのに対し、新潟県では、ソフトウェア業で48.7%、情報処理・提供サービス業で71.4%、インターネット附随サービス業で58.6%と全国の水準を上回っている。

つまり、新潟県では3業種とも兼業の割合が高く、なかでも情報処理・提供サービス業では、兼業化が進んでいるとみられる(図表3)。 続きを表示…

このページのトップへ