3月2017

2017経営戦略セミナー「イノベーションによる企業活力創出」

2017/03/14 :過去の講演会

開催日

平成29年3月14日(火)

講 師

一橋大学イノベーション研究センター 教授

米倉 誠一郎(よねくら・せいいちろう) 氏

このページのトップへ

RESASを使った分析例

2017/03/01 :自主調査(調査報告)

前頁までの寄稿で紹介されているとおり、国は「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を提供している。本レポートでは、RESASを実際に使った村上市の創業に関する分析事例をまとめてみた。

村上市における創業に関する分析

はじめに

村上市では、雇用機会の創出と地域経済の活性化を図るために、創業支援に力を入れている。その具体的な支援として、「創業応援事業補助金」や9つの市内金融機関と連携し、市内で創業する事業者に初期資金の一部を支援する「村上市雇用創出型創業チャレンジ事業交付金」などの事業を推進している。本分析ではRESASを活用して、市内での創業の現状を確認するとともに、その背景や必要性を整理する。

分析結果

(1)創業比率の比較

村上市の創業比率※(2012年~14年)は3.49%となっている。これは全国平均(6.33%)を下回っているほか、新潟県平均(4.74%)をも下回っている(図表1)。

また、近隣の新発田市、胎内市、聖籠町、関川村と比較すると、関川村を上回っているものの、新発田市、胎内市、聖籠町を下回っている。

村上市の創業比率(2012年~14年)は、新潟県内の30市町村中18位、全国の1,741市区町村中1,267位と、いずれも中位~下位の間に位置している。

%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%b9%e5%9b%b3%ef%bc%91

続きを表示…

このページのトップへ

佐渡島は食材の宝庫です!

2017/03/01 :感頭言

新潟税務署 署長  大山 一夫

新潟市は、1976年にこの職場に入って初めの赴任地でしたが、この度、再び新潟市に帰ってきました。やはり地元の人は温かいです。

転勤の多い職場のため、関東と信越のあちらこちらに勤務させていただきました。出張では、関東信越のみならず、全国に赴き、その地の代表的な料理を食べましたが、やはりその地に住んで食料品店で求める食材はその地ならではの物も多いようです。

1987年から住んでいる埼玉県は、災害は少ないが海もない。このため、海魚は干物が多く、鰻屋も多い。元々北関東はうどん文化ですが、埼玉では近年は「武蔵野うどん」を提供する店が多いです。これはエッジ(角)のたった腰の強い冷やしうどんを、豚バラ肉・ネギ・油揚げが入った醤油ベースの汁に付けて食べます。出張の折は是非ご堪能を! 続きを表示…

このページのトップへ

グラフで見る県内経済2017年3月(一月の新潟県経済)

2017/03/01 :グラフで見る県内経済

概況:持ち直しの兆しがみられる県内経済。生産活動は持ち直しつつある

生産活動:持ち直しつつある

%e7%9c%8c%e5%86%85%e7%b5%8c%e6%b8%8811月の鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比3.1%上昇して99.1となった。出荷指数は同1.3%上昇して100.5となった。在庫指数は同3.4%低下して118.1となった。

金属製品は建設用金属製品や暖房機器などの増産により堅調に推移している。

はん用・生産用・業務用機械は海外からの受注回復を背景に持ち直しつつある。

輸送機械は自動車部品などを中心に底堅い動きとなっている。

一方、化学は海外需要の減少などにより弱含んでいる。

続きを表示…

このページのトップへ

株式会社東京ロストワックス工業

2017/03/01 :探訪

市場が拡大する航空機分野を強化し、成長を続ける     株式会社東京ロストワックス工業

ロストワックス法による精密鋳造品の製造・販売を手掛ける株式会社東京ロストワックス工業。主力の発電用ガスタービン向け部品に加え、近年では市場が拡大する航空機向けを強化し、成長を続けています。

その取り組みや今後の展開などについて、内堀専務からお話をうかがいました。

%e6%8e%a2%e8%a8%aa代表者 早川 元章
所在地 長岡市
創  業 1988年
社員数 70名
資本金 3,520万円
事業内容 精密鋳造

続きを表示…

このページのトップへ

今すぐできる選りすぐりのアイデア 第12回

2017/03/01 :酒井とし夫の街でみつけた『商売繁盛心理学』

ビジネス心理学講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター/米国NLP心理学協会認定コーチ/ランチェスター経営認定講師 酒井とし夫 氏

こんにちは、ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。

私はどんな商品やサービスを扱っていても、どんな業界で働いていてもビジネスにはひとつの共通項があると考えています。

それは・・・、お客様は『人』である、ということ。

そして、人は『心』で好き嫌いを感じ、『心』で興味を抱き、『心』で買うか買わないかの行動を決定します。

そのため、どんな業界や職種の方々であっても、ビジネスに関わる方は人の『心』に影響を与える心理学の知識やスキルを理解しておくと、交渉、打ち合わせ、営業、広告、販促、プレゼンテーション、接客、コミュニケーションで優位に立つことができます。

私が日常生活のなかでみつけた商売に役立つ心理学的なヒントやアイデア、ノウハウを毎月紹介します。是非、あなたのご商売や会社経営に応用するにはどうしたら良いのかを考えながらお読み下さい。

後光効果

1%e9%85%92%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93写真は私の米国NLP心理学協会認定ビジネスマスターと米国NLP心理学協会認定コーチの認定証です。

2%e9%85%92%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%932 つ目はフジテレビで紹介されたときの写真です。3 つ目の写真は有名元議員と有名アナウンサーとの共壇する講演会のプログラムです。・・・私の名前は酒井とし夫です。

3%e9%85%92%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93と、書くとなんだか私は「ちゃんとした人」のように思えませんか?

私のことを知っている人は分かると思いますが、私はフツーにその辺にいる気のいいおじさんです。よく飲みますし、カラオケに行くと長渕を熱唱しますし、なまけ心もあるし、人見知りもするし、たまには飲みすぎて泥酔する50代です。

でも、資格を持っていて、TVで紹介され、有名人と一緒に講演をしています、と書くとなんだか実物よりも「ちゃんとした人」のように思えます。

これは私個人を直視するというよりも、

「資格、マスコミ、有名人」というイメージを通して私をみるからです。

このようなイメージが好印象をもたらすことを心理学では後光効果(ハロー効果)といいます。

例えば、講師資料を書くときに「私は一生懸命に講演をします」と書くのと、「フジテレビや雑誌プレジデントで紹介された講師です」と書くのでは受け手のイメージが異なります。もちろん、後者の方が信頼感はでます。良い悪いは別にして後者の方が仕事の依頼は増えます。さて、あなたはこの「後光」を活かしているでしょうか? 続きを表示…

このページのトップへ

地域観光に最も必要なこと

2017/03/01 :地域観光事業のススメ方

株式会社 井門観光研究所 代表取締役  井門 隆夫(いかど たかお)氏

─これまでの発想を覆す観光イノベーション─

1.新たな旅館再生

%e4%ba%95%e9%96%80%e3%81%95%e3%82%93信州・湯田中温泉に6室の小さな宿が誕生した。「加命廼湯(かめのゆ)」は、現オーナーが細々と常連客を取る宿として運営してきたが、高齢により休業。しかし、これ以上「宿の灯を消してはならない」地元老舗旅館「よろづや」の小野誠社長が旅館再生向けて動いた結果、よろづや社員として5年間働いてきた高山京平さんが運営者として手を挙げ、改装を経て再生にこぎつけた。弱冠31歳の高山さんはこれを機に結婚。新しい人生の第一歩を踏み出した。

改装資金は、地方銀行が中心となり設立したALL信州活性化ファンドが出資し、湯田中温泉を再生するために創られたまちづくり会社「wakuwakuやまのうち」が捻出した。そして、特筆すべき点は旅館建物内にはオーナー一家が継続して住み、オーナーとの長期賃借契約で運営している点である。おそらく1万軒以上に上るであろう全国の休業旅館の多くは、自宅として使われている。そのため売買もできずにいる。しかし、そうした環境を逆手に取り、旅館を再生する手法を加命廼湯は示してくれた。

調理場はオーナー一家が台所として使うために、旅館では使えない。そのため加命廼湯は1泊朝食式だ。朝食はよろづやで仕込みを終えたものを運び、夕食は出さないのだが、結果としてこれが幸いしたと思っている。

温泉街にはwakuwakuやまのうちが投資したビアバーやカフェがある。宿泊客は夕食をまちなかのそうした食堂に食べに行く。できるなら、ただ客を外に出すだけではなく、旅館のキャッシュ確保のためにも、海外リゾート地のような夕食ミールクーポン(あらかじめ旅行者が購入する食事券)を開発できればなおよいと思う。

実は、こうして夕食なしで事業を設計しておけば、旅館の収益性は確実に高まるのだ。 続きを表示…

このページのトップへ