探訪

ツインバード工業株式会社

2018/11/01 :探訪

世界へ羽ばたく家電メーカー      ツインバード工業株式会社

さまざまなライフスタイル家電を新潟から世界に向けて発信しているツインバード工業株式会社。その商品開発の経緯や現在の取り組みなどについて、野水社長からお話をうかがいました。

代 表 者 野水 重明

所 在 地 燕市

創 業 1951年

社 員 数 298名

資 本 金 17億4,240万円

事業内容 ライフスタイル家電製品等製造販売

続きを表示…

このページのトップへ

株式会社 ピーコック

2018/10/01 :探訪

和風ファストフードのパイオニア   株式会社 ピーコック

和風ファストフードのパイオニア、そして、冷凍たこ焼きのマーケットリーダーとして躍進を続ける株式会社ピーコック。チェーン展開の様子や商品開発の経緯などについて、塚本社長からお話をうかがいました。

代 表 者 塚本 功

所 在 地 長岡市

創  業 1971年

社 員 数 240名

資 本 金 6,370万円

事業内容 冷凍食品製造販売・ファストフード直営店経営ほか

続きを表示…

このページのトップへ

佐渡精密株式会社

2018/09/03 :探訪

短納期と品質の高さ、「全員参加型経営」を武器に成長を続ける      佐渡精密株式会社

佐渡という離島にありながら、全国600社を超える取引先を持つ佐渡精密株式会社。順調に業績を伸ばし、佐渡での雇用拡大にも大きく貢献している。

佐渡で経営を続ける意義や今後の展望について末武社長にお話をうかがいました。

代 表 者 末武 和典

所 在 地 佐渡市

創  業 1970年

社 員 数 99名

資 本 金 1,100万円

事業内容 精密小物部品の機械加工、2次加工及び組み立て

続きを表示…

このページのトップへ

株式会社 飯塚鉄工所

2018/08/01 :探訪

先見の明を持ち、常に情熱をもって新しいことに挑戦を続ける 株式会社 飯塚鉄工所

現状に甘んじることなく、緻密な計算に基づいた大胆な投資と新たな分野への挑戦によって、3代に渡って成長を続けてきた株式会社飯塚鉄工所。

創業から現在に至るまで、さまざまな分野に挑んでこられた経緯と思い、今後の展望について飯塚社長にお話をうかがいました。

代 表 者 飯塚 肇

所 在 地 柏崎市

創  業 1953年

社 員 数 105名

資 本 金 2,500万円

事業内容 流体機器の部品製作、ポンプ、バルブOEM製作

続きを表示…

このページのトップへ

デビフペット株式会社

2018/07/02 :探訪

原材料にこだわった製品で飼い主から支持を受け続ける     デビフペット株式会社

自分たちでは「食」を選べないかけがえのないペットと安心・安全で高品質なものを与えたい飼い主のために、嗜好性が高く、かつ原材料からこだわったペットフードの提供を続けているデビフペット株式会社。

食品会社からペットフードに参入された経緯や製品を通してのペットや飼い主に対する思い、今後の展望について川井社長にお話をうかがいました。

代 表 者 川井 義博

所 在 地 新潟市西区

創  業 1981年

社 員 数 166名

資 本 金 8,000万円

事業内容 ペットフードの製造・販売

続きを表示…

このページのトップへ

有限会社 穂海農耕

2018/06/01 :探訪

製造業のように生産性を向上させ、業務拡大を続ける          有限会社 穂海農耕

農業法人であるにも関わらず、製造業のように生産性を向上させ、業務拡大を続ける有限会社穂海農耕。農業に縁もゆかりもなかった丸田社長より創業の経緯から今後の展望についてお話をうかがいました。

代 表 者 丸田 洋

所 在 地 上越市

創  業 2005年

社 員 数 17名(2018年4月1日現在)

資 本 金 599万円

事業内容 業務用水稲の栽培、作業受託

続きを表示…

このページのトップへ

久保誠電気興業株式会社

2018/05/01 :探訪

お客さまが困っていることに対応して発展を続ける     久保誠電気興業株式会社

お客様の要望から全くの異業種である制御盤と配電盤の製造分野に参入し、今では主力事業にまで成長させた久保誠電気興業株式会社。お客様が困っていることを解決し続け、業績を大きく伸ばしている同社の成長の秘訣について、久保社長からお話をうかがいました。

代 表 者 久保 純誠

所 在 地 長岡市

創  業 1946年

社 員 数 135名

資 本 金 4,900万円

事業内容 制御盤・配電盤製造、一般電気工事

続きを表示…

このページのトップへ

新潟中央水産市場株式会社

2018/04/02 :探訪

リスクを恐れず時代の変化に対応することで成長を続ける新潟中央水産市場株式会社

本業である仲卸の先行きが厳しさを増すなか、川上の水産加工や川下の小売・飲食へと業容を拡大している新潟中央水産市場株式会社。新しいことへ挑戦を続ける、藤田社長からお話をうかがいました。

代 表 者 藤田 普

所 在 地 新潟市江南区

創  業 1904年

社 員 数 90名

資 本 金 6,400万円

事業内容 水産物・魚介類仲卸、小売、加工、飲食店

続きを表示…

このページのトップへ

  次のページ»