トピックス

農商工連携による「いもジェンヌ」ブランドの開発

2021/09/01 :トピックス

新潟市西区の海岸線に沿った地域の農家を中心として葉たばこに代わる新たな作目を開発し、今年で商標登録から10年目を迎える取り組みを紹介する。

葉たばこの廃作とさつまいもの栽培

新潟市西区赤塚の海岸沿地域は、砂地で水はけがよい耕作環境を利用して、すいか、大根、葉たばこなどの畑作農業者が多い地域である。2000年当時、喫煙が抑制され、日本たばこ産業(JT)から葉たばこの廃作方針が示されたことから、葉たばこ農家の多くが転作する農産物の作目を検討していた。

当初から開発プロジェクトに参加してきた伊藤久氏(現JA新潟みらいかんしょ部会部会長)は「当時はどこの農家でも自家用のさつまいもを栽培していた。しかし、何町歩(なんちょうぶ )もの葉たばこを栽培していた農家の多くは、すいかに切り替えていった。さらに収穫期を分散するため、とうもろこし、大根、ねぎなどを検討していたが、青果市場関係者からは、さつまいもの市場ニーズが高い割に県内産が少ないため有望とアドバイスを受けた」と当時を振り返る。

地域農業者の若者の会では、さつまいもの作付けを試行し成功したとの報告を受けて、08年からはほ場でのプロジェクトが開始された。栽培には甘みが強く、焼くとしっとりした食感が特長の「べにはるか」というさつまいもの品種を採用した。

プロジェクト開始時の構成員は、生産者と新潟みらい農業協同組合(以下JA新潟みらい)、新潟市西区役所で、新潟県新潟農業普及指導センターの技術指導を受けながら実証的な栽培に取り組んだ。

翌年には、新潟西及び赤塚商工会も参加して新潟西地域農商工連携協議会(現在のいもジェンヌ農商連携協議会)が設立された。同協議会では、規格外品などを活用するため、西区内の菓子店でさつまいものペーストを製菓に使い、さらにいも焼酎を製品化するなど農商工連携による計画が進められた。

全文PDFtip_pdf

 

このページのトップへ

第38回 新潟県経済振興賞」に4社が受賞

2021/07/01 :トピックス

「第38回 新潟県経済振興賞」の表彰式が、5月18日㈫に日報ホール(新潟日報メディアシップ2階)で開催されました。

株式会社 WELCON、株式会社 阿部建設、木山産業株式会社、株式会社 坂詰製材所の4社が受賞されました。

新潟県経済振興賞は、新潟博覧会記念財団(理事長:花角英世新潟県知事)が、県内経済の発展に貢献した企業と団体を毎年表彰するもので、今回が38回目となります。

表彰式では、受賞4社に理事長の花角知事から表彰状が、副理事長の小田敏三新潟日報社社長から記念のレリーフが授与されました。

受賞の挨拶の中で、各代表者は受賞の喜びの声とともに今後の抱負を述べられました。

㈱WELCONの鈴木裕社長は「こんな製品があってよかったと思っていただけるような製品や技術をご提供できるように一層励んでまいります」と意欲を示されました。

㈱阿部建設の阿部尚義社長は「様々な人が活躍できて、地域に開かれ防災拠点にもなる職場を作りたいと夢を膨らませています。受賞を機に世の中の役に立てるようスピードを上げていきます」と挨拶されました。

木山産業㈱の木山光社長は「新潟には若者に投資・育成してきた歴史があり、そのDNAは健在だと信じています。今後も若者を成長させていく取り組みを通じて、新潟の発展の一助となるよう努力します」と述べられました。

㈱坂詰製材所の坂詰一年会長は「必要に応じて事業を拡大するなかで、3年前に林業部を立ち上げました。新潟の森林を守り、地域の地産地消を支えていくと誓います」と力強く語られました。

全文PDFtip_pdf

 

このページのトップへ

若手起業家の挑戦

2021/04/23 :トピックス

株式会社プロッセル 代表取締役社長  横山 和輝 氏

~オンラインで企業と学生を橋渡し。コロナ禍で脚光を浴びるプロッセルの躍進に期待!~

世界中が新型ウイルスに揺れる最中の昨年6月、横山和輝社長は長岡市で「株式会社プロッセル」を立ち上げました。

同社のオンラインを活用した就活イベント「オンコン」は、コロナ禍において採用・就職活動に悩む企業と学生の双方から大きな支持を受け、今や県内外から熱い注目を集めています。

今回は会社経営の傍ら大学院の学生として多忙な日々を送る横山社長から、起業に至った経緯や今後の抱負などについてお話をうかがいました。

オンコンのコンセプトは、企業と学生の橋渡し

プロッセルの看板事業となった「オンコン」とはどのようなイベントですか

当社が現在主力としている事業のひとつが、オンラインを活用した就活イベント「オンコン」の企画運営です。コンセプトは新卒採用に関心を持つ企業と就職を控えた学生の「橋渡し」にあり、ビジネスコンテスト(ビジコン)を通じて、企業と学生が互いに理解を深め合うことを目的としています。

オンコンの具体的な流れとしては、まず企業から「自社の新規事業に対する提案」などの課題を提起していただき、学生は数名のチームに分かれて10日間程度で課題解決に向けたビジネスプランの策定に取り組みます。最終的には各チームから成果をプレゼン形式で発表してもらうのですが、最大の特徴はその間のすべての過程をオンライン上で可視化していることにあります。これにより、企業からは学生の適正や能力を確認していただき、学生からは自己アピールと合わせて自身の長所・短所等を認識してもらうことが狙いです。特に学生に対しては、結果だけにこだわるのではなく、「過程=プロセス」も「提示=セル」して欲しいとの想いを込めて、社名をプロッセルと名付けました。

全文PDFtip_pdf

このページのトップへ