新潟県における銀行業の発展⑫─主要銀行の経営者たち─

2021/03/01 :郷土の近代化を振り返る

京都産業大学   経営学部   マネジメント学科教授  松本 和明 (まつもと   かずあき)  氏

1.第四銀行:白勢春三とその周辺

1896(明治29)年から1941(昭和16)年までの実に45年にわたり第四銀行の経営にリーダーシップを発揮したのが白勢春三である。

白勢は、1862(文久2)年12月に、後に第四国立銀行取締役支配人を務める彦次郎の長男として蒲原郡金子新田で生まれた。88年に父の病気に伴い支配人心得として入行し、96年12月の普通銀行への改組と新潟銀行への改称時に専務取締役に就任した。この時点では頭取制がとられてなかったので、事実上のトップであった。なお、頭取(第3代)となるのは1922(大正11)年7月である。

白勢は誠実な性格でかつ公私を明確に峻別し、堅実経営の姿勢を揺るがせにせず、第四銀行への改称(1917(大正6)年)、支店・出張所の新設や他行の合併・買収などを進めて、持続的成長を主導した。同行の経営の基軸を確立したといっても過言ではない。調査体制の整備や若手行員の能力育成への注力も大きな業績といえる。

白勢を支えた人物として、宇尾野藤八、上田弘教、南部虎造に注目したい。

宇尾野は新潟市立商業学校(現・新潟県立新潟商業高等学校)第5代校長を務めた後に入行し、本店支配人や新発田・水原地区監督を経て、専務取締役を務めた。上田と南部は行員として入行してキャリアを育み、上田は新発田支店・本店支配人や取締役東京駐在さらに専務取締役、南部は本店支配人さらに常務取締役を歴任している。

白勢は、新潟水力電気(後の新潟電力)・新潟信託・二葉社社長、日本石油・越後鉄道取締役、新潟商業会議所第3代会頭や新潟市会議長・衆議院議員・貴族院議員なども務めた。

全文PDFtip_pdf